嫌いな人・苦手な人との関わり方を工夫することでストレスが軽減されるたった1つのこと

insurance 自己啓発

どうもeno.(エノ)です。

嫌いな人・苦手な人の1人や2人はいますよね。私は当然います。

学生なら嫌いな人・苦手な人が近い席だと嫌だし、会社だと一緒に仕事なんかしたくないですよ。

その人が視界に入ったり、声が聞こえるだけで不快なのに近い席や同じ仕事なんて苦行でしかありません。

その人のせいで毎日ストレスで胃がキリキリですよ。

かといって無視するわけにもいかないし、どうすればいいのやらという感じです。

 

インターネットで「嫌いな人 ストレス」で検索すると、「嫌いな人のストレスをなくす方法」や「嫌いな人と関わらないための~」とかいろいろヒットします。

こういった記事で結局何が言いたいかというと「気にしないようにする」

 

「それができないから、調べてるのに~」ってなった経験ありませんか?

 

人である以上、好き嫌いがあるのは仕方ありませんし、ストレスをなくすことなんか不可能です。

じゃあどうすれば良いかというと、受け入れるしかありません

 

「そんなこと言ったって~」ってなるかもしれませんが、無理やり避けて生きるよりはストレスを感じにくくなると思います。

自分の考え方1つでラクになるなら、やってみる価値があると思います。では順番に説明していきます。

 

嫌いな人ほど歩み寄れ

 

いきなり「何言ってんの?」ということですよね。私もそう思います。

この言葉は、私がまだ社会人になりたての時に、営業部長に言われた一言です。

 

私

営業って人が相手だからすごく大変ですよね。

ムカついたりしますよね。そういう時どうしてるんですか?

上司
部長

正直ムカつくことがほとんどだよ。

でも、いちいちムカついたりしていても仕方ないからね仕事だから

私

割り切ってるんですね。

エンジニアも結局はチームだから合わない人がいるとずっとしんどいんですよね~。そういう時どうしてます?人生の先輩として教えてください。

上司
部長

私の場合は逆に歩み寄ることを心掛けているかな

私

逆にですか?

普通避けちゃいません?

上司
部長

自分が嫌いと思ってしまったら、もうその人のことを色メガネで見ちゃうからずっと嫌いなままだし、ずっとそう思って仕事するのはしんどいじゃん。

私

確かに言われていればそうですけど・・・

歩み寄ってどうするんですか?

上司
部長

「無理やりでもいいからその人に良いところを1つ見つける」かな

それができれば、その人に対しての気持ちの持ち方が全然変わってくるよ。

私

そういうもんですかね~

嫌いな人と話すのはしんどくないですか?

自分なら関わらないようにしますけどね。

上司
部長

自分がそう思って接してるうちは相手も同じこと考えてるよ。

でも、チームである以上まったく無視することもできないでしょ?

1つでもいいから良いところを見つけて歩み寄って話してみると嫌いなままかもしれないけど少しは変わると思うよ。

話してみると「こいつ意外と良いやつだな」って思うこともあるしね。

私

そうですね。やってみる努力はしてみます。

それから私は、できる限りではあるものの嫌いな人の話をちゃんと聞いたり話したりする努力をしています。

なかなかしんどいですが、営業部長が言ったようにストレスが少しはマシになった気がしました。

嫌いだった人も、「苦手な人」レベルまでランクが上がった感じもしました。少なくとも以前よりは生活しやすくなったと思います。

 

嫌いな人は成長するための糧である

 

前項で嫌いな人・苦手な人との接し方でしたが、ここでは、接するときの心得のようなものだと思って下さい。

闇雲に「話しかけるぞ」とか「ちゃんと話を聞くぞ」とかを思っても難しいです。無意識にその人を避けてしまっている自分がいます。

そういう時に私は「これも修行だ!」と思って挑みます。

そうすると無策で挑むよりは少しはラクな気持ちになります。

 

嫌いな人・苦手な人に対しては話題も思い浮かばないし、話しを聞くにしても全て否定的に聞いてしまいます。そうならないように意識していると、話す力、聴く力が高くなります

「この人は自分を成長させるためだけにここに存在しているんじゃないか」と思えば良いわけです。

自分勝手な解釈ですが、そう考えることが一番ラクで良いです。

 

順位付けで関わり方を変える

 

例えば下記のような順位付けをします。

  1. やっぱ無理!どうやったってこの人嫌い
  2. 嫌いだけど、まだ我慢できる
  3. 苦手なだけだから、自分に害を及ぼさないならいいか

 

1に該当する人はいままで通りで良いです。わざわざ関わるのも時間の無駄です。そういう時はこのような考え方をしてみて下さい。

どうしても嫌いな人をAさんとして、自分と仲良い人や理解者の人がそのAさんを好きだと思いますか?私は思いません。

理由は簡単です。仲良い人や理解者というのは価値観が自分に近い、もしくは好いてくれているということです。そんな人達が自分とは全く違うAさんのことをどう思うでしょうか?

答えはもう見えているも同然。

このように考えて今まで通りで良いんではないでしょうか。

きっとAさんも自分のことが嫌いですよ。これでおあいこです。嫌いな人にわざわざ好かれたいとも思わないですよね。

 

まとめ

 

どうでしたでしょうか?少しはモヤモヤが晴れましたか?

ここで言いたいのは、「無理やり避ける」のではなく「受け入れて避ける」という感じです。

冒頭でも言ったように、「気にしない」なんかできないし、「ストレスをなくす」ことも不可能です。そんなモヤモヤした気持ちよりは、スパッと嫌いなことを受け入れることがストレスを軽減させることなのだと私は思います。

別に嫌いでも良いじゃないか。だってにんげんだもの

相田みつを」っぽくまとめましたが、ズバリそういうことです。

 

万人に好かれることは不可能だし、万人を好きになることも不可能です。別に悪いことじゃない。

それでも、嫌いな人とは一緒にいたくない、でもいないといけない。じゃあ受け入れて開き直るしかないですよね。

 

相手に心を乱されてイライラモヤモヤするよりは、自分の人生だから自分の生きやすいように解釈すれば良いのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました