フリーへ転向?お小遣い稼ぎ?システムエンジニアにおすすめの副業はコレ

money 仕事

SE(システムエンジニア)は今が繁忙期。

どうも、eno.(エノ)です。

 

今はどの業界も人手不足です。IT業界も深刻な人手不足で企業は人材確保に奮闘しています。

エンジニアになるなら今!大企業もなりふりかまってないリアルな現状
エンジニア業界は少し前から超売り手市場(就活生・転職者が企業を選べる)であり、入れ食い状態です。それは、中小企業に限ってのことではなく、大企業でも入れ食い状態になっています。その理由と具体的な現状を紹介

 

ということは、IT関連の仕事が飽和状態になっているということです。

この現状は、現在システムエンジニアの人も、これからシステムエンジニアになろうとしている人も知ってて損はない情報です。

少し掘ればビジネスチャンスがザクザクという状態ですからね。

 

そこを利用して、これからフリーエンジニアになろうと考えている人も副業を始めようとしている人も、そのおすすめの方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事の探し方

web

そもそも仕事がないと何も始まりません。

一昔前は知り合いの伝手や、仕事の伝手、オーソドックスに営業という方法が一般的でした。

1人でやるには、時間も労力もかかる上に効率的ではありません。

しかし、それは過去の話。

今は、クラウドソーシングの時代

聞いたことがある人は多いと思います。馴染みのない人のために軽く説明をします。

クラウドソーシングとはブログ記事の執筆・ロゴデザイン・ネーミング・プログラミングなどの仕事をネットで外注・受注できるサービスのことです。

Web制作やアプリ開発案件のように専門性の高いものから、スキルがなくても始められるものまで幅広くあります。在宅ワークでできる仕事も多いので、「好きなことを仕事にしたい!」「空き時間で副業をしたい」という人に人気です。

 

代表的なクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトは数多くあります。その中で代表的なものはいくつかありますが、例えばクラウドワークスなどが挙げられます。

このサイトは、先程説明したサービス内容そのままのサイトです。外注・受注全てそのサイト上で行い、報酬の面に関してもサポート体制がしっかりしているので、安心・安全に定評があるサイトとなります。

 

その他にも、テレビや雑誌、CMなどのメディアで紹介された実績のある有名サイトをまとめた記事はコチラ(登録方法や使用方法などの説明もありますので参考にしただけたらと思います。)

そんな良いスキルを持っているのにもったいない!趣味を収益化する方法3選
趣味は自己満足です。しかし、時にとんでもない収益を生むことがあります。そのビジネスルートを作っておかないと収益化することはできません。その方法をご紹介します。あなたのその趣味で培ったスキルを生かして収益化し、そして更なる高みへ

 

”仕事をして報酬を得る”以外の副産物

クラウドソーシングの依頼主は企業もあれば、個人の人もいます。その企業や個人がクラウドソーシングのサイトを介して仕事を発注しています。

仕事の一覧の中から、自分ができるものを探し応募をして選ばれたら晴れて受注という流れです。

仕事を完了して、依頼主から評価されると声がかかることもあります。

 

具体的に言うと、依頼主がまた次の仕事を発注するときに「もう一度あの人にお願いしよう」となったら、直接交渉されるパターンもあるというわけです。

 

私の場合だと、クラウドワークスで仕事をした後も、同じ依頼主様から直接仕事の依頼をされたことが何度かあります。

私はあまり積極的にはクラウドソーシングをやっていませんが、仕事をして評価されると、次の仕事に繋がります

そうやって仕事の得意先を増やすことで、継続して仕事を受注することが可能になるというわけです。

 

会社運営と同じですね。それが企業なのか個人なのかの違いなだけで、

信頼と実績を積み重ねることで、継続して仕事の依頼がきたり報酬の増額ができます。

それがココで言う”副産物”です。

 

忘れてはいけないこと

contract

ルールを守る

仕事は少額だろうが高額だろうが額に関係なく”仕事”であることを忘れてはいけません

何が言いたいかというと、受注したからには「報連相(ほうれんそう)」「納期」「品質」は最低限守らないといけません。

 

「本業でできたるから大丈夫」と思われがちですが、会社でする”仕事”と個人でする”仕事”では状況や責任、精神にかかる負荷がかなり違います

 

極端なことを言うと、会社でする”仕事”は会社の名前で仕事をするといことになるので、失敗やトラブルが起きた場合に内部では本人のせいですが、外から見れば会社の責任です。

しかし、失敗やトラブルが発生した場合や、発生しそうになった場合に助けてくれる人が周りにいます

個人の場合はそうはいきません。全て自己責任、全て自分で解決しないといけないということです。

 

「少額だから~」とか「小さな仕事だから~」とか「副業だし~」という気持ちで仕事をすると、信頼も信用もありません。一番最悪なのは、受注しておいて「できないからもうやめた」と何も言わずに逃げることです。

ぶっちゃけると、クラウドソーシングはそれをするのは簡単でしょう。しかし、そんな中途半端なことをしていると、「仕事ができない奴」という烙印を押され、もう副業で仕事をすることはできないでしょう。

そもそも、そういう人は副業をすることに向いていません。やめましょう。

 

税金について

フリーで働いたり副業をする上で、忘れちゃいけないのが税金ですよね。

これを忘れると脱税になりますから注意してくださいね。

お金を得るということは、そこには必ず法律が絡んできます。

 

遺産を相続するだけで、相続税。

資産(不動産や株など)をもらうだけで、譲渡税。

お金を稼ぐだけで、所得税。 ← 副業で主に関係する

など、税にもいろいろあります。

 

副業に関する税金の詳しい説明はコチラ

サラリーマンの副業!バレる原因とバレないおすすめの方法
バレる原因はこれか!!サラリーマンで副業するにあたって、バレる原因とその対策、バレないおすすめの方法をご紹介します。

 

まとめ

idea

システムエンジニアは、専門性の高い職種です。しかも、ジャンルも広い。

それゆえに単価も高額になります。

 

本業でシステムエンジニアの人は、今やっている仕事の受注額を知っていますか?

結構高額ですよね。知らない人は一度聞いていみて下さい。想像以上の額だと思いますよ。

 

企業間の取引では、専門性の知識や技術の他に安心・信頼・知名度・品質・実績等の要素が密に絡んでくるし、アフターケアなどの要素もあるのでどうしても高額になります。

大手企業になると、SE単価100万円ぐらいが普通です。

中小企業でも、SE単価75~90万円ぐらいです。

 

クラウドソーシングに関しては、費用を抑えたい依頼者が多い傾向にあります。

企業に依頼すると、上で言ったように高額になります。ですが、フリーのエンジニアや副業でやっている個人の人にお願いすることで、品質や安心・信頼などの要素は劣りますが、その代わりコストはかなり抑えることができます

 

これからもどんどんIT化が進んでいきます。そうなるとシステムエンジニア引く手数多ですよ。

今回紹介したおすすめの方法はクラウドソーシングですが、実際は今でも、一昔前の方法でも仕事はできます。

なぜ、クラウドソーシングなのかというのは、簡単ですぐに始めれるからということが大きい要因です。

一昔前の方法では、すぐには始めれません。

 

クラウドソーシングで副業をやってみようと思ったのなら、実際にやるかどうかは別にして、登録だけして仕事の一覧を眺めてみて下さい。それでできそうなら応募すればいいし、できなさそうならやめればいい。

 

システムエンジニアの副業はお金になる以外にも、経験や実績になります。

クラウドソーシングなら、数多くの仕事の中からレベルにあった仕事を選べます。システムエンジニアは実績が評価に大きく影響します。経験や実績を積み重ねる研鑽の場としても使用できるのが良いところの一つですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました