people

子供の寝かしつけにや気分を落ち着かせるにはアロマが最適

people

寝かしつけでなかなか寝ないとイライラしますよね。

 

子供の寝かしつけってすごく楽な子もいれば、まっっったく寝ない子もいますよね。

ウチの子供の寝つきの悪いのなんのって・・・(´;ω;`)

 

「自分の時間がね~」ってイライラしてくるんですよね。

ウチではアロマで少し改善できました。

 

いろいろ試行錯誤していてアロマに行きつきました。

もともとアロマは好きだったので、「自分も癒されるしちょうどいいや」と思って取り入れました。

 

ここでは次のことを説明します。

  • 子どもの寝かしつけにいいアロマの種類とその効果
  • ウチでも使っている電気を使わないおすすめのアロマディフューザーを紹介

 

それでは、順番に説明していきますね。

 

子どもの寝かしつけにや気分を落ち着かせるにはアロマが最適

アロマはリラックス効果だけではないんです。

香りや種類によってはさまざまな効果や効能が期待できるんです。

その1つが子どもの寝かしつけにいいんです。

 

アロマの種類の説明に入る前に

説明に入る前に、購入時にアロマ自体の種類に注意してください。

 

アロマは”エッセンシャルオイル”にしてください

 

なぜ、エッセンシャルオイルが良いのか

 

アロマに使用するオイルは大まかに2つあります。

  • エッセンシャルオイル(精油)
  • アロマオイル

 

この違いは、天然成分100%であるかどうか

 

エッセンシャルオイル(精油)に分類されるオイルは天然成分100%のものです。

アロマオイルに分類されるオイルは香りを出すために人の手が加わっています。

 

そのほかにフレグランスオイル、ポプリオイルなどもありますが、これもアロマオイルと同じで、人の手が加わっているオイルです。

 

”エッセンシャルオイル(精油)”と名のつくオイルは天然成分100%のものしか呼ばれないので、購入時に標記をよく読んで購入してください。

 

アロマオイルはアロマディフューザーで香りを楽しむだけのものです。
エッセンシャルオイルは、お風呂に数滴たらしたりマッサージに使えたりします。(ラベルをよく読んでから使用してください

 

アロマオイルは人工的に香りを出すためにアルコールなどの人工物が含まれているため、肌などに触れると肌荒れなど不調につながる恐れがあります

 

アロマオイルではダメということではありませんが、人工物が入っているので注意が必要な場合があるということです。

 

これから紹介するオイルは全てエッセンシャルオイル(精油)ですので、安心してください。

 

子どもの寝かしつけにいいアロマ

おすすめのアロマを紹介していきます。

  • ラベンダー
  • マンダリン
  • カモミール・ローマン

 

ラベンダー

【ポイント5倍】夜泣き専用アロマ【AMOMA ベビースリープ】10ml夜泣き 寝かしつけ 夜泣き 寝かせつけ 安眠 不眠 克服 寝不足 赤ちゃん 夜泣き 寝ない ぐっすり アロマ 精油 エッセンシャルオイル ラベンダー 新生児
created by Rinker

アロマの鉄板ですね。

言わずと知れたあの香りですよね。

 

あまり知られていませんが注意点もあります。

妊娠中は注意が必要です。ラベンダーには通経作用があるため、安定期に入るまでは使用を避けましょう。

 

マンダリン

生活の木 オーガニックエッセンシャルオイル マンダリン(10mL)【生活の木 エッセンシャルオイル】
created by Rinker

 

甘く優しい柑橘系の香りがイライラや緊張を解きほぐし、情緒を安定させてくれます。寝つきが悪い時などに使用すると疲労を和らげ安眠効果が期待できます。

 

こちらの注意点としては

もし肌に触れるような使用をされる場合は、念のため日光や紫外線を避けるようにすることをおすすめします。

 

カモミール・ローマン

カモミールローマン (オーガニック) 2mlローマンカモミール アロマ アロマオイル エッセンシャルオイル 精油 【香りと暮らす】
created by Rinker

 

いくつか種類はありますが、”カモミール・ローマン”が良いです。

リラックスに向いているといわれ、ストレスや子どものぐずり、寝つきを良くさせる効果があるといわれています。

 

これの注意点としては

ブタクサやヨモギなどのキク科のアレルギーのある人は要注意です。カモミールは、実はキク科の植物。それゆえ、キク科のアレルギーがある人には反応を起こす可能性があります。

 

電気を使わないおすすめのアロマディフューザー

アロマストーン サークル型 【 アロマプレート アロマオイル 精油 エッセンシャルオイル 石膏 】
created by Rinker

 

アロマディフューザーは霧を出す機械を想像されると思います。値段はピンキリですが、電気も使うし掃除の手間もかかる。めんどくさいですよね。

 

そこでアロマ界隈で流行のディフューザーはアロマストーンです。

 

素焼きの陶器や石膏で作られており、ストーンにアロマオイルを数滴垂らすだけで手軽に楽しめるディフューザーです。

自然と気化した香りが広がるので、霧状にオイルを拡散させるディフューザーと比べると香りは弱いですが、その分周りを気にせず楽しむことができます。

 

自然と気化させるため、電気などは一切必要ありません。

アロマストーンにオイルを数滴垂らして置いておくだけ

 

簡単ですよね。

しかも、値段も安いんです。

私は”無印良品”のアロマストーンを使っていますが、10個入りで650円です。

※私が購入したときの値段です

 

ウチでは子どもの手の届かないところに置いているので、5個ずつ使っています。

アロマストーンは何度か繰り返し使用できるので、すごく便利です。

手間もかからないし、安い

 

何度か使えますが、違う香りのオイルはおすすめできません。

理由は、繰り返し使うと香りが混ざってしまうから

 

店頭でも取り扱っている店舗はありますので、気になったら見てみてください。

 

まとめ

大人も子供もリラックス

 

今までの内容では、子どもの寝つきを改善することにフォーカスして話してきましたが、アロマは自分自身にもよいです。

オイル自体の効果・効能もありますが、良い香りで気持ちが落ち着いたり、気分が晴れます。

 

アロマセラピーがあるぐらいですから精神的にいいんですね。ついでに身体にもいいです。

 

寝かしつけはなかなかハードです。やりたいことを我慢しないといけないし、なかなか寝ないし、グズるしでイライラします。

 

そんなイライラを少しでも解消できるならアロマを導入してみてください。

きっと何かはかわりますよ。それは子どもの寝つきがよくなるのか、自分がリラックスできるのかはその人次第ですが、値段も手ごろですので試して損はないと思います。

 

寝かしつけた後は、自分用の香りのアロマでのんびりするのもいいですね。

繰り返しになりますが、子育てを少しでも楽にするなら何でも試してみるのが良いと思います。

高価なものはなかなかできませんが、安価で簡単にできるのなら試してみる価値は絶対にあると思いますよ。

 

2児のパパの奮闘記でした。

 

あわせて読まれている記事

まったくベビーモニター様様ですわ~! 赤ちゃんのお昼寝や夜の寝かしつけが完了した後、寝室に寝かしたままリビングなどに移動してゆっくりコーヒーを飲んだり、ひとときの自由な時間を効率的にすごしたいですよね。&n[…]

yissvic