オンラインもできるしマンツーマンもあるプログラミングスクール3選

developer-threeプログラミング

 

プログラミングスクールってどこを選べばいいんだ?

何を選べばいいんだ?

 

こんな悩みを解決すべく、システムエンジニアの私がおすすめするプログラミングスクールをご紹介します。

 

この記事では「何を選ぶと何ができるのか」というところにフォーカスして、「どのプログラミングスクールを選べばいいのか」を解説していきます。

 

オンラインもできるしマンツーマンもあるプログラミングスクール3選

developer-one

世界的にIT化が進んでいる今では、深刻なエンジニア不足です。

 

逆に言えば、エンジニアになりたい人は今がチャンスだと言えます。

 

実際の現場でもエンジニアの育成は急務です。

 

プログラミングスクールを通おうとしている人は、きっとスキルチェンジして転職を考えていることだと思います。

 

転職は新卒入社とちがい企業は即戦力をもとめています。

 

プログラミングスクールで基礎を固めておけば、即戦力として実際の現場で活躍できます。

 

目的別にプログラミングスクールを紹介します。

  • DMM WEBCAMP : 転職を保証していて安心して勉強したい人向け
  • CodeCamp : マンツーマン指導によって確実にプログラミングを習得したい人向け
  • TechAcademy : 幅広い分野から選べて自宅でプログラムミングの勉強をしたい人向け

無料・体験の情報も後半でご紹介します。

 

DMM WEBCAMP:転職を保証していて安心して勉強したい人向け

 

転職保証型のプログラミングスクールです。

独自のカリキュラムでプログラミングを学び、転職までサポートしてくれるプログラミングスクールです。

 

独自のカリキュラムとは?

 

実践型カリキュラムで、最初はプログラミングの基礎を学びます。

そのあとは、受講者同士でチームを組んでオリジナルサイトの開発を行います。(大手企業の新人研修プログラムに近い内容ですね)

 

何になれる?

 

私の印象だと、業務系や組み込み系のシステムエンジニアというよりは、Webデザイナーやコーダーですね。

ECサイトやホームページの作成など、Webに特化したエンジニア志望の人向けです。

 

キャンペーン情報

分割払いが可能で、紹介制度で紹介した人もされた人もキャッシュバック

 

CodeCamp:マンツーマン指導によって確実にプログラミングを習得したい人向け

 

オンラインスクールです。現役エンジニア講師による個人レッスンがいつでもどこでも受けれて、自分のペースで着実に習得していくプログラミングスクールです。

 

現役エンジニア講師

現役のエンジニアやフリーランスで実際に現場で働いている人たちが講師で、現場で使える技術や考え方を1対1できめ細かく指導してくれます。

 

何になれる?

このプログラミングスクールで何になれるかというと、Webデザイナーやコーダー、アプリの開発者などですね。

業務系や組み込み系の言語も”Java”がありますので、Java系のシステムエンジニアになることが可能だと思います。

Web系以外にも興味がある人はCodeCampを選択すればよいと思います。

 

キャンペーン情報

無料体験レッスン受講で、10,000円OFFクーポンプレゼント

 

TechAcademy:幅広い分野から選べて自宅でプログラムミングの勉強をしたい人向け

 

オンラインスクールです。幅広い分野から選べて「はじめてのプログラミングコース」といった「ちょっと自信がないな~」という人向けのものもあります。

もちろん分野に特化したコースもあります。

 

幅広いコース

私が「そんなのもあるんだ」と思ったのは次の3つです。

  • WordPressコース:ツールの使い方や、オリジナルサイトの公開
  • Webマーケティングコース:サイトのマネジメントのノウハウ
  • ブロックチェーンコース:ネットワーク技術の仕組みや概念の理解

 

プログラミングを勉強するコースは当然あるのですが、それ以外に上記のようなプログラミング言語以外のデザインやマネジメントに特化したコースも用意されています。

 

何になれる?

選べるジャンルが多いので、システム関連の幅広いエンジニアになることが可能です。

Webデザインにしてもプログラミングを学ぶだけではなく、デザインについても学ぶことができるコースが用意されているなど、いくつかのコースを組み合わせて受講することでスペシャリストになることもできます。

初心者から玄人まで、幅広い人向けのプログラミングスクールですね。

 

キャンペーン情報

無料体験あり。複数のコース受講するならセット割もあり。

 

まとめ:今後のIT業界と給料の相場

payment

プログラミングスクールの内容から何になれるか何ができるようになるかをまとめました。

あと気になるのは、今後のIT業界と給料面ですよね。

 

今後のIT業界

 

ぶっちゃけエンジニア不足はさらに加速すると思います。

どんどん新しい技術や言語が誕生しているので、そうなることは確実です。

※IT業界のリアルな現状を詳しく知るならコチラ:エンジニアになるなら今!大企業もなりふりかまってないリアルな現状

 

仕事で業務系のWebアプリをよく作っていますが、昔と比べてデザインも仕事感たっぷりの無機質な画面デザインから、けっこうオシャレなデザインへと変わってきている印象を強く受けます。

 

パッケージ製品でない業務用のシステムでもデザイン性を求める風習になりつつある

ということは、デザインができないシステムエンジニアは、Webデザイナーにレイアウトの設計を依頼しないといけません。

 

システムというものに対して世間の認識がどんどん身近な存在になってきているということですね。

 

給料の相場

 

給料のだいたの相場は次になります。

20代30代40代
マネジメント400万円~500万円500万円~650万円650万円~900万円
エンジニア300万円~400万円400万円~650万円650万円~750万円
プログラマー250万円~300万円300万円~400万円400万円~500万円

 

だいたいこんな感じだと思います。もちろん、所属する企業の規模や仕事内容の難易度、案件自体の規模などで上下することはあると思います。

 

私の場合だと、現在が29才で上の相場表の”エンジニア”の行の30代の年収の真ん中あたりですね。

新卒からIT業界ということと、若いときからPL(プロジェクトリーダー)などをやったり、大きな案件に関わったりしていたので比較的に早い段階でそれぐらいの年収です。

もちろん、私よりも若くてもっと年収がいい人はたくさんいます。

 

プログラミングスクールを受講するにあたって

 

ぶっちゃけると、プログラミングスクールは高額です。

その理由は、専門性が高いということと、IT業界はまだまだ”のびしろ”があるからそれだけの価値があり高額になっています

 

上記の相場表を見てもらっていると思いますが、年代別だけの平均年収と比較すると給料は高いです。

その理由は、”エンジニア”という希少価値と専門性の高さです。

 

フリーで仕事をすればもっと報酬は高額です。

  • 大手企業案件:月額50万円~100万円
  • 中小企業案件:月額30万円~70万円

だいたい上のような感じになると思います。

 

高額な受講料でも1ヵ月でチャラにできます。

 

実際にプログラミングスクールをやるかどうかは本人次第ですが、プロの現場はけっして甘くはありません。

スケジュールの遅れでひどい目にあうこともあります。

 

安定して高額な年収を狙いたいなら大手企業(又は、上位の中小企業)に就職するか、フリーでやっていくかしかありません。

 

時間とメンタルを保つことができるなら、自分で勉強した方がコスパはいい

無料体験だけやって勉強の仕方だけでも学ぶというのもプログラミングスクールの使い方としてはアリですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました