未経験からシステムエンジニアになるために【転職編】

office 仕事・副業
office

どうも、システムエンジニアのeno.(エノ)です。

 

タイトルにもあるように第2弾となる今回は、転職者向けにシステムエンジニアになるにはどうしたら良いかを、経験を交えながら人事部長から聞いた話や同業者から聞いた話など交えご説明します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

未経験からシステムエンジニアに転職できるのか?

 

結論から言うとできます。

 

私は新卒からシステムエンジニアでしたが、この業界もそこそこ長くなってきて一緒に仕事をした人で、転職で初めてシステムエンジニアになったという方も多くいました。

元々どんな職種だったかというと、アパレルのショップ店員や工場でのライン作業員、飲食店の方もいました。以外なとこで言うと元プロボクサーの方もいました。

 

「システムエンジニア」と聞くと「なんか難しそう」って敬遠されがちですが、実はそんな事もないんですよ。

 

それと、勘違いされている方も多いのですが特別な資格はいりません

以前、友人が私にシステムエンジニアに転職したいということで相談を受けたことがあるのですが、「資格がないとなれない」と勘違いしていたようで、”ITパスポート”の資格をすでに取得していました。(なぜ”ITパスポート”なのかは不明でしたが・・・)

資格は無駄ではありませんがシステムエンジニアに転職するにあたって基本的には必要ありません。面接で好感はもってもらえる可能性はあるかもしれないですけどね(;^_^A

面接で必要なのは、資格より実績です。(これは私の転職先の人事部長が実際に言っていました)

 

じゃあどうやって経験が0なのに実績を作るかということは、後述でご説明します。

 

最低限知っておいた方がいいことは、プログラマとシステムエンジニアの違いや、システムが作られるまでの工程などですかね。

 

SEステップアップカリキュラム【初級編】
SE(システムエンジニア)によるSE(システムエンジニア)のための、ステップアップカリキュラム【初級編】

 

募集要項の甘い罠!?

 

どういうこと?ってなりますよね。

転職サイトでシステムエンジニアの募集要項でよく見かける

募集要項:未経験OK

見覚えがありますよね。

 

実は、ウソではないにせよグレーな表現をしているだけなんです( ゚Д゚)

 

以前、ある会社の採用担当の方とお話をする機会がありこんなことを言っていました。

未経験OKだけど、せめて情報系の大学は出ていることが絶対条件だな

会社にもよりますが、これがリアルです(;^_^A

 

掘り下げてみると、情報系の大学を卒業していないにしても、IT系の資格(”ITパスポート”や”基本情報処理”など)や開発実績(独自で作ったツールなど)がないと厳しいとのこと。(最低限の知識ということ)

 

転職なので、基本的に即戦力を採用するのは仕方ないことなので、当たり前と言えば当たり前なのですが・・・

 

打開策はある!この裏技は知ってて損はない!

 

資格を取得したり、自分で開発実績を作らなくてもいい方法があるんです。

 

それは・・・

 

セミナーなのです(^^)/

セミナーでは、開発についての知識が得られるとともに、実際に簡単なシステムの開発をしたりするセミナーもあります。

開発実績ができます。

 

しかも、セミナーに参加した実績もアピールできますし、やる気度もアピールできるという一石二鳥三鳥四鳥・・・といった感じでしょうか。

 

実際にプログラムに触れることで、システムエンジニアという仕事は自分に合っているかを見つめ直すことも可能です。

 

よっぽど話術に自身があるのであれば、こういった対策は必要ないと思いますがやってて損はないと思います。

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] もし、自分の所属している会社が加入しているならば、社会的に信頼されている証明ともいえるでしょう。就活生や転職を考えている方は、そういったことも気にしてみても良いですね。 […]

タイトルとURLをコピーしました