2019年09月予想!テクニカル分析(ペア:トルコリラ/円)

2019_09FX

 

ちょうど今月でFXを始めて1年ということで、毎月テクニカル分析をやっていきたいと思います。

まだまだ駆け出しトレーダーなのでご容赦ください。

 

  • 現在(2019/08)でFX歴:1年
  • メインのトレードのペアはトルコリラ/円
  • テクニカル分析メイン
  • デートレード~スイングトレードを臨機応変

 

資産が増えるまで&相場勘になれるまでは、流動性の少ないペアで今後もトレードを進めていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年09月予想!テクニカル分析(ペア:トルコリラ/円)

 

ここ何年も下がってきていますが、2019年に入って下降トレンドが少し緩やかになってきたように思います。

 

ショートでトレードをしていますが、スワップポイントの洗礼を受けながらトレードをしています。

こんなにスワップポイントが憎らしいと思ったことはないぜ!くぅ~

 

週足

chart_08_week

相変わらず下がってはきているものの、18.000円のサポートラインを割らずにふんばっていますね。

 

このサポートラインは結構強いと読んでいます

8月は週足で見たときは、中期の移動平均線に頭を押さえられてたので「下がるだろうな~」と思っていました。

 

8月は予想が的中で下がってくれました。

米中の貿易戦争の影響が大きかったと思います

 

8月末時点で、18.000.円にサポートラインに乗っているし、先ほども言ったようにサポートラインが強いとみて9月はレンジに入る可能性が高くて、ひょっとしたら上昇トレンドも期待できます

 

しかし、年間を通してみると下がってきてはいるので、ロングで大きく勝つことは難しいので、小さい勝ちを積み上げていくトレードにしていきたいと思います

 

日足

chart_08_day

 

日足を見てみると、すでにレンジとなっています。5月に18.000円を下回ってはいるものの、すぐに18.000円台に戻ってきています。グイッと上がっているところを見ると、なにやら損切りの他に大きな力が加わったのでしょうか・・・

 

とはいっても、それ以降は18.000円のサポートラインに支えられて18.000円を割っていません。8月26日(月)に、とんでもないことが起きましたが(16.497円まで一気に大暴落)、それでも18.000円台に戻ってレンジとなりそうです

 

レンジと言っても、19.000円台に戻ってくる可能性は極めて少ないと予想しています

 

年末に米中貿易戦争の関税引き上げが待ち構えているので、全体的にロングメインでのトレードは危険のような気がします。

 

12時間足

chart_08_harf

 

先ほども少し触れましたが、8月26日(月)の大暴落は、寝起きで「ハンパね~」って口に出ちゃうほどでした。

 

それでも、こんな極端な暴落は「絶対戻ってくる」と思ったので、しっかりロングで利確しました。

「朝の15分の間に何やってんの」って感じですがwww

 

この大暴落前は、レンジが終了して下降トレンドが始まったので「しめしめ」と思っていたのですが、この大暴落の戻りをきっかけに、下降トレンドは終了してレンジに戻ってこようとしています

 

でも、注意しておきたいのは、ローソク足のヒゲが上にも下にも長いこと

なんとなく、何かが起ころうとしているような気がしているので、注意してチャートを見ているにですが、もし18.000円のサポートラインを割ったら一気に急降下しそうです。

レンジに戻ってこようとしているものの、安直にロングでは行けない感じ

 

まとめ:9月の作戦

presentation

8月は1:9ぐらいの比率でショートで多くトレードをしていましたが、3:7ぐらいでショートの方がまだまだ多いですが、ロングも交ぜながらトレードをしていくつもりです

 

18.000円のサポートラインを割ったときが怖いので、まだまだ強気にロングでは難しいですね

 

しっかりストップ注文を入れながら、小さい勝ちを積み上げていこうと思っています。

世界的な下降トレンドですが、年末は米中貿易戦争の関税引き上げや、来年はオリンピックなどチャートが大きく反応しそうなイベントが目白押しですけど、しっかり利確していきたいですね。

 

\ 18.000円は区切りがいいので注意が必要ですね /

チャート分析では区切りのいい数字に気をつけろ!その理由とは
FXでチャート分析をしていて、区切りのいい数字付近でグイッと上昇したりガクッと下落したりを見たことがありますか?その現象には理由があるんです。特に気をつけないといけないタイミングやその理由と対策を初心者向けにわかりやすく説明。チャート分析は多く情報が必要ですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました