わかりやすく解説!AccessでSQLserverのリンクテーブルを追加する方法

access_header IT

Access(アクセス)を使ったSQLserverへのリンクテーブルの追加の方法を図(画像)でわかりやすくご説明します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. リンクテーブルとは?
  2. リンクテーブルの作成方法(AccessからSQLserverへ)
    1. メニューバーより「外部データ」を選択する
    2. 「外部データ」のリボンより「新しいデータベース」を選択し、「データベースから」を選択する
    3. その中から「SQLserver から」を選択する
    4. 「リンクテーブルを作成してソースデータをリンクする」を選択する
    5. DSNファイルを選択する子画面が表示されるので、「新規作成」をクリックする
    6. どのDBと接続するかを選択する(ここでは「SQL server」を選択)
    7. 新しくDSNファイルを作成することになるので、「参照」をクリックして作成する場所とファイル名を決定する
    8. ここまでの設定の確認画面を表示される。正しければ「完了」をクリックして次の詳細な設定へ
    9. 対象のSQLserverの説明とサーバー名を入力する(左図がAccessの設定画面、右図がSQLserverのログイン画面)
    10. 「ユーザーが入力する SQL server 用のログインIDとパスワードを使う」を選択し、ログインIDとパスワードを入力する左図がAccessの設定画面、右図がSQLserverのログイン画面)
    11. 「既定のデータベースを以下のものに変更する」を選択し、対象のスキーマを選択する
    12. プロパティの設定を行う(ここは初期値のままでもよい)※変更が必要な場合は変更を行う
    13. これまでの設定の確認画面が表示されるので、正しければ「データソースのテスト」をクリック
    14. 上記の設定で接続テストを行い、接続が成功すれば「OK」をクリックし、設定を終了する。
    15. DSNファイルを選択する子画面が表示されるので、上記で作成したDSNファイルを選択する
    16. SQLserverへのログインIDとパスワードを入力し、Accessからの接続を行う
    17. 選択したスキーマのテーブル一覧が表示されるので、リンクを行うテーブルを選択する
    18. リンクテーブルの完成
  3. まとめ

リンクテーブルとは?

 

Accessでは、別のデータベースからテーブルをリンクさせることで、データの共有することができます。

リンク元のデータが更新されると、リンク先のデータも更新されます。逆も同じです。

例えば、別システムで同じテーブルを参照しないといけない場合や、更新しないといけない場合に特に便利です。(常に同期がとれているので)

 

リンクテーブルの作成方法(AccessからSQLserverへ)

 

メニューバーより「外部データ」を選択する

 

a_1

 

「外部データ」のリボンより「新しいデータベース」を選択し、「データベースから」を選択する

 

a_2

 

その中から「SQLserver から」を選択する

 

a_3

「外部データの取り込み – ODBC データベース」の子画面が表示される

 

「リンクテーブルを作成してソースデータをリンクする」を選択する

 

a_4

既存のテーブルをリンクするということ

 

DSNファイルを選択する子画面が表示されるので、「新規作成」をクリックする

 

a_5

 

どのDBと接続するかを選択する(ここでは「SQL server」を選択)

 

a_6

 

新しくDSNファイルを作成することになるので、「参照」をクリックして作成する場所とファイル名を決定する

 

a_7

a_8 a_9

ここまでの設定の確認画面を表示される。正しければ「完了」をクリックして次の詳細な設定へ

 

a_10

 

対象のSQLserverの説明とサーバー名を入力する(左図がAccessの設定画面、右図がSQLserverのログイン画面)

 

「説明」は任意なので、空欄でもよい。

SQLserverのログイン画面の「サーバー名」で入力されている入力値と同じモノを入力する(コピー&ペーストすると間違いがない)

a_11

「ユーザーが入力する SQL server 用のログインIDとパスワードを使う」を選択し、ログインIDとパスワードを入力する左図がAccessの設定画面、右図がSQLserverのログイン画面)

 

※Windows認証の場合は「ネットワークへのログインIDで、WindowsNTの認証メカニズムを使う」を選択する

a_12

 

「既定のデータベースを以下のものに変更する」を選択し、対象のスキーマを選択する

 

a_13

 

プロパティの設定を行う(ここは初期値のままでもよい)※変更が必要な場合は変更を行う

 

a_14a

これまでの設定の確認画面が表示されるので、正しければ「データソースのテスト」をクリック

 

a_15

 

上記の設定で接続テストを行い、接続が成功すれば「OK」をクリックし、設定を終了する。

 

a_16

 

DSNファイルを選択する子画面が表示されるので、上記で作成したDSNファイルを選択する

 

a_17

SQLserverへのログインIDとパスワードを入力し、Accessからの接続を行う

 

a_18

 

選択したスキーマのテーブル一覧が表示されるので、リンクを行うテーブルを選択する

 

a_19

 

リンクテーブルの完成

 

a_20

 

まとめ

 

SQLserverにてリンクテーブルの作成をしましたが、Oracle(オラクル)でも可能です。状況に合わせて設定して下さい。

 

設定ファイルがないとリンクテーブルとの紐付けはできません。

Accessファイルだけ移動させて、設定ファイルの移動を忘れているミスが多発しているので、注意が必要

 

DSNファイルは”メモ帳”での起動でAccessを起動しなくても簡単に設定情報を確認することができます。

※”メモ帳”で設定ファイルを編集する場合は、設定ファイルのバックアップをとることをおすすめします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました