わかりやすく解説!OracleのVirtualBox(バーチャルボックス)のインストール手順

vietualbox

Oracle社が提供する無料の仮想環境(VM)VirtualBox(バーチャルボックス)のインストール手順を画像でわかりやすく解説します。

この記事では、WindowsOSの解説となっていますが、MacOSでも基本的に同じです。

 

はじめにVirtualBoxについて少し触れてから解説に入ります。

 

PR

VirtualBox(バーチャルボックス)とは

 

Oracle社が無料で提供するパソコンに仮想環境を作成できるツールです。

WindowsOSの場合だと、Hyper-Vと競合してしまう場合もあるので「VirtualBoxがうまく動いてくれない」という問題が発生したらHyper-Vを無効にするとうまくいくかもしれませんね。

 

こういった問題への解決方法は、エラーメッセージをそのままインターネットで検索するといっぱい出てくるので、どれが自分の問題にクリティカルな解決方法かを探してみるとイイと思います。

 

 

VirtualBoxではWindowsOSやMacOS、LinuxのOSをデフォルトで用意されているので簡単にそれぞれの仮想環境を作成可能です。

外部ファイルを用意することで、AndroidOSも実現可能なのでポテンシャルは高めの仮想環境ツールだと言えますね。

 

 

VirtualBoxのダウンロード

 

ダウンロードは下記公式サイトより可能です。(別タブで開くようにしときました)

https://www.virtualbox.org/

 

ダウンロード対象

 

このサイトでは、常に最新がアップされていくのでそのときの最新をダウンロードすればOKです。

ちなみにこの記事を書いている現在のバージョンは6.1です。

 

 

VirtualBoxのインストール

 

「VirtualBox 6.1.10 のセットアップへようこそ」の画面

 

上記で紹介している公式サイトよりインストーラーをダウンロードしたら起動します。

起動すると下の画像の画面が立ち上がってきます。

 

「Next >」をクリックして次へ

 

「インストール中はネットワークの機能が切断されますが大丈夫?」の画面が表示される

 

 

VirtualBoxのアプロケーションをどこに配置するかを決める

 

下の画面では、VirtualBoxの「何をインストールするか」と「どこにアプリケーションのファイルを格納しておくか」を決めます。

「何をインストールするか」は、デフォルトのままでOKです。

 

「どこにアプリケーションのファイルを格納しておくか」は、特にこだわりが無い場合はそのままでOKです。

次のステップで「ショートカットをどこに作成するか」を設定する画面があります。

 

ここでの設定がOKなら「Next >」をクリックして次へ

 

VirtualBoxのアプロケーションをどこに配置するかを決める

 

 

VirtualBoxのアプリケーションのショートカットを作成する場所を決める

 

このステップでショートカットをどこに作成するかを決定できます。

四角で囲ってある項目の意味は次の通りです。

 

  • Create start menu entries ←スタートメニュー
  • Create a shortcut on the desktop ←デスクトップ
  • Create a shortcut in the Quick Launch Bar ←タスクバー
  • Register file associations ←ファイルの関連付け(※)

※ 特定の拡張子のファイルをアプリケーションと紐付けること

 

ここも基本的にはデフォルトのままでOKです。

 

ここでの設定がOKなら「Next >」をクリックして次へ

 

VirtualBoxのアプリケーションのショートカットを作成する場所を決める

 

↓↓↓ちなみにアイコンはこんな感じです↓↓↓

VirtualBoxのアイコン

 

 

「インストール中はネットワークの機能が切断されますが大丈夫?」の画面が表示される

 

インストール自体は、5〜10分程度なので大丈夫です。

 

「Yes」をクリックして次の画面へ。

ここではまだインストールは開始されません。

 

「インストール中はネットワークの機能が切断されますが大丈夫?」の画面が表示される

 

 

「インストールを開始してもよろしいですか」の画面から”Install”ボタンをクリックしてインストール開始

 

インストール中はWindowsでよくある「〇〇を許可しますか」というダイアログが2回ぐらい表示されると思いますので、「許可」をクリックします

 

「インストールを開始してもよろしいですか」の画面から”Install”ボタンをクリックしてインストール開始

 

VirtualBoxのインストール完了!

 

ここまででViatualBoxのインストールは完了です。

 

完了画面の真ん中のチェックをONにして「Finish」ボタンをクリックして終了すると、自動でVirtualBoxが起動します。

 

VirtualBoxのインストール完了!

 

 

VirtualBoxの起動確認

 

下の画面が立ち上がったらOKです。

あとは、「新規」ボタンから仮想環境を作成していく感じです。

 

VirtualBoxの起動確認

 

おわり

 

 

人気記事 【IT業界向け】年収UPの実績アリ!おすすめの転職サイト5選

人気記事 システムエンジニア(SE)は副業をした方がいい理由とおすすめの方法

 

PR