WordPressの有料テーマ購入前にチェックしておきたい3つのポイント

考え人
WordPressの有料テーマっていろいろあるけど、みんなどんなテーマを使ってるんだろう?
どんなテーマを買えばイイんだろう?

 

WordPressの有料テーマって値段もそこそこしますし、超種類が多くて何を選べばイイか迷いますよね。

私もさんざん悩んだ結果、この記事を書いている現在のテーマは「THE THOR」です

 

この記事では、Wordpressの有料テーマを選ぶための3つのポイントと調べる手順を紹介します。

「PV数を伸ばして収益性を高めたい」という人向けの内容です。

 

WordPressの有料テーマ購入前にチェックしておきたい3つのポイントと手順

Wordpressの有料テーマ購入前にチェックしておきたい3つのポイントと手順

 

有料テーマの購入前にチェックしておきたいポイントは次の3つです。番号は手順です。

  1. サイトデザインの方向性
  2. テーマの実績 ←実績重視の人はここから
  3. 構造データの対応状況

 

①はテーマ選びで誰もが一番気にするところですよね。

②は検討しているテーマが「本当に集客が期待できるのか」を調査します。

③はちょっと上級者な内容ですが、調べ方は簡単です。

それでは、具体的な解説をしていきます。

 

 

有料テーマチェックポイント1:サイトデザインの方向性

 

有料テーマはデザインがおしゃれなものが多いです。

公式サイトを見るとデザインのサンプルが見れると思います

 

 

自分がどんなデザインのサイトにしたいのかを考えて選択することが重要ですね。

機能面でも有料テーマは独自の機能があったりするので、機能が豊富なことも魅力的です。

 

私が現在使っている「THE THOR」はスタイリッシュなデザインが多いことも魅力的でしたが、機能が豊富なところがイイです。

カルーセルも簡単に表示できるし、TOPページにトピックの表示も簡単です。

 

「THE THOR」を導入したときは、カルーセルやトピックの機能も使っていましたが、現在はサイトのデザインを一新したので、さっきの2つの機能がデザインとマッチしなかったので廃止しました…

 

サイトデザインは大事なところなので、1番こだわりたいポイントですよね。

 

 

有料テーマチェックポイント2:テーマの実績

 

ここからは、実践的なところになっていきます。

 

①の手順でいくつか、有料テーマの候補が絞れてきたと思います。

次は、その有料テーマで「本当に集客力が上がるか」を調べていきます。

 

有料テーマは「SEOに強い」といことを強みにしているテーマが多いです。

でも、どういう理由でSEOに強いかはわからないですよね。

 

本当に集客力がある有料テーマはプロブロガーの人も使っていたりします。(オーダーメイドの人もいますが…)

そういう人のサイトのテーマを調べてみるのが、効果があるかどうかわかりやすいですよね。

あとは、ブログコンテストで賞を獲ったブログのテーマも調べてみるとイイかも

 

自分が選んだ有料テーマを使っていたら、「集客力が期待できるかも」という判断をしてもイイと思います。

 

 

テーマの調べ方

まずは、ブラウザでデベロッパーツールを開く必要があります。開き方は下記の通りです。

ブラウザデベロッパーツールを開く方法
  • Chrome
  • Internet Explorer
  • Edge
  • Fire fox
  • F12キー
  • 右クリックの「検証」又は「要素の検証」をクリック
  • safari
メニューバーから「開発」タブ → [Webインスペクタを表示]

 

コードが書かれた小窓が表示されると思います。

 

そこで「Ctrl + Fキー」でキーワード検索バーを表示させます。

そこに”themes”と入力してEnterキーをクリックすると、キーワード検索されます。

WordPressを使っているサイトなら、次のようなURLがどこかしらヒットします。

 

https://ドメイン/wp-content/themes/テーマ名/〜
https://enoxproduction.com/wp-content/themes/the-thor/〜

 

 

有料テーマチェックポイント3:構造化データの対応状況

 

①と②でかなり絞れたと思います。

最後は、SEO的に上級者な内容といえる「構造化データ」を見ていきます。(簡単に2ステップで調査できます)

 

【構造化データをザックリ説明】

Googleの検索エンジンに「このサイトはこういう内容のサイトで、どういう人が書いているよ~」というような情報を伝える仕組みです。

メタ情報でも情報は伝えれますが、より正確で確実に伝える仕組みです。

 

「構造化データがマスト」というわけではないですが、あった方がSEOの効果が期待できます。

それと、後から構造化データを導入するのは専門的な知識が必要となるので、プログラミングに精通している人でないと難しいと思います。

 

構造化データを調べる方法

調べる方法は簡単です。Googleの無料ツールを使います。

ブラウザはChromeを使用します。手順は2ステップです。

 

  1. Chromeの検索バーに”https://search.google.com/structured-data/testing-tool”と入力します。
  2. ページが表示されると、「構造化データのテスト」という子画面が最初に表示されます。そこに、調べたいページのURLを入力します。

以上の2ステップで調べることができます。

下の画像は、試しに私のサイトのページを調べてみた結果です。

 

e-blogの記事のURLを入力

構造化データのテスト画面

 

右側の赤い四角で囲ったところに表示されているのが構造化データです。

※構造化データの対応がされてないと、右側には何も表示されません。

構造化データ

 

いくつかの有名な有料テーマを調査してみましたが、構造化データの対応している項目は「パンくずリスト(BreadcrumbList)」だけというテーマが多かったです。(「THE THOR」は構造化データ対応はされていません。)

※この記事を書いている現在の結果です

 

私のサイトで構造化データに対応してる項目が多いのは、独自に修正したからです。(エンジニアなので自分でやりました)

 

 

まとめ:有料テーマを買ってから後悔しないために

有料テーマを買ってから後悔しないために

 

有料テーマって高額なので買った後に後悔したくないですよね。

この記事で説明したポイントを押さえておけば、買った後に後悔しないと思います。

 

 

基本的に有料テーマは有料なだけに無料テーマと比べると、機能面もSEOの効果も違います。

ブログで収益を得たい人で無料テーマを使っている人は、有料テーマに変えた方がイイと私は思います。先行投資です。

ちなみに私も有料テーマに変えてから収益が発生しています

 

 

有料テーマにすることで機能やSEOも強化されますが、デザイン面もかなりおしゃれになるのでモチベーションも上がります。

ブログ運営はモチベーションがかなり重要です。

モチベーションの維持のためにも、有料テーマにしてみてもイイと思いますよ。

 

このサイトで使っている有料テーマ

 

 

人気記事 【ブログ収益化】おすすめのアフィリエイトサイト(ASP)4選