【ブログ収益化】おすすめのアフィリエイトサイト(ASP)4選

オンラインショップ

ブログを収益化するなら、アフィリエイトサイトへの登録は必須です。

これからという人や、既に登録しているけど1~2つのアフェリエイトサイトしか登録していない人向けに、私も登録しているおすすめのアフィリエイトサイトを紹介します。

 

次のような順番で解説します。

  1. 基礎知識
  2. 登録のポイント
  3. アフェリエイトサイト紹介
  4. 稼げるジャンルはコレだ
  5. 便利ツールの紹介

それでは、収益化の第一歩をどうぞ!

 

PR

アフィリエイトの基礎知識

ASPの解説図

参考:バリューコマース アフィリエイト

インターネットを利用した広告宣伝のひとつで成果報酬型の広告のことです。ウェブサイトの閲覧者がウェブサイトに掲載している広告主の商品あるいはサービスなどを購入し、生じた利益に応じて広告を掲載したウェブサイトに成功報酬を与える一連のインターネット広告手法のことです。

参考:バリューコマース アフィリエイト

 

成果の条件は広告によって違いますので、条件をよく読んでユーザーにアプローチしないといけません。

極端な例を出すと、「成約」なのか「資料請求」なのかということなどです。

報酬条件が「資料請求」なのに、記事を読んでくれているユーザーに対して「申し込みはこちら」のようなアプローチだと、ユーザーが資料請求せずに成約してしまうと報酬がもらえません。

 

一概に成功報酬が「成約」というわけではないということを注意する必要があります。

 

アフィリエイトサイトを登録するときのポイント

アフェリエイトサイト

 

なぜ複数のアフェリエイトサイトに登録することが常識なのかと言うと、”取りこぼし”を防ぐためです。

例えば、”クレジットカード”の広告を掲載したいとすると、A8だけでもたくさんあります。でも、よくよく探してみるとafbにA8にはなかったC社の広告があったとしたら、もしC社のクレジットカードを作ろうと検討している人がいたとして、いろんなクレジットカードの紹介している記事を読んていたとしたら、C社がなかったらその人分の収益を取りこぼていることになります。

 

SEO的にも網羅性は重要な要素の1つなので、たくさんのサービスを紹介する系のコンテンツだと、他のサイトより情報が多い方が価値がありますよね。

 

ASPサイトはここに紹介していないものも含めるとかなり多いので、たくさん登録した方が”取りこぼし”が減るし情報も多くはなりますが、自分が管理できなくなるので、管理できる範囲で用途を決めて使っていくのがイイと思います。

 

おすすめのアフィリエイトサイト(ASP)

おすすめのアフィリエイトサイト:A8.net

業界最大級の広告数です。バナー広告などの種類も豊富なので、コンテンツに載せやすい形やサイドバー用の細長い広告もあります。(広告にもよりますが他のサイトと比べると比較的に多い)
各地でアフィリエイトイフェスティバルも積極的に行っていて、広告主の企業と直接話が聞けたり、アフィリエイト講座もやっています。
毎年サイトコンテストもやっていて、選ばれると賞金が貰えたりします。

A8.netの申し込みページはこちら

 

おすすめのアフィリエイトサイト:afb(アフィb)

アフィリエイト情報
広告数は当然かなり多いですが、マニアックな広告も扱っています。
私は探したいジャンルの広告があったりすると、A8とafb両方で探します。片方しか扱っていない広告もありますし、取りこぼしを防ぐためにも両方で探すのがイイと思います。
報酬って累計で最低5000円以上稼がないと入金されないというところもありますが、afbは777円と業界トップレベルの報酬取得のハードルが低いです。確定報酬は翌々月だったりするところが、afbなら翌月払いのスピード振込です。
余談ですが、afbに登録したら、会員者+同伴者1名限定でafbが運営するコアワーキングスペースが無料で使用できます。(事前に本申込みフォームより予約が必要)詳しくはコチラ

afb(アフィb)のお申し込みはこちら

 

おすすめのアフィリエイトサイト:もしもアフィリエイト

Amazonや楽天の商品が紹介できる広告があるASPサイトです。私は楽天とAmazonの商品を紹介するためだけに登録しています。

もしもアフィリエイトの申し込みはこちら

 

おすすめのアフィリエイトサイト:バリューコマース

Yahooショッピングの商品が紹介できる広告があるASPサイトです。私はこのサイトもYahooショッピングの商品を紹介するためだけに登録しています。

バリューコマースの申し込みはこちら

 

稼げるジャンルが存在する

アフィリエイト業界では報酬を狙いやすいジャンルが存在します。

今後の自分のサイトの展望を思い描きながら見てもらうとイイと思います。

  • 美容・健康系:脱毛、青汁など
  • 時代に左右されない系:転職・就職、クレジットカードなど
  • コンプレックスを改善する系:人には言いずらい悩みを解決するもの
  • VDO(ビデオオンデマンド):ネットフリックスみないなもの ←最近これがアツい

 

物販系アフィリエイトをより強化できるおすすめのツール

 

サイトを見ていて上のような商品リンクを見たことがあると思いますが、そのパーツを作るツールを紹介します。

Amazonをよく使っている人は「Amazonだけでいいじゃ~ん」と思うかも知れませんが、これも前述で言ったように「取りこぼし」を防ぐために複数のリンクを貼っています。

人それぞれメインで使っているオンラインショップは違うというのが理由です。

 

2つあるのでそれぞれ紹介します。

 

  • カエレバ
  • Rinker(リンカー)

 

カエレバ:WordPressを使っていないか、プラグインを使いたくないという人

めっちゃ有名なツールです。他にも、トマレバなどのホテル紹介用のブログパーツを作る姉妹ツールがあります。別サイトでブログパーツを作るので、サイトを切替ながらというところがめんどくさいですが、簡単にできます。

 

HTMLで出力されるブログパーツをブログに貼りつけるだけなので、簡単に商品紹介のリンクが作成することが可能です。

私も使っていました。

 

使わなくなった理由は、私の使っているWordPressのテーマとの相性が悪かったからです。(うまく表示されなかった)

今は、次に紹介するRinker(リンカー)を使っています。

カエレバの公式サイトはこちら

 

Rinker:WordPressを使っていて、プラグインで簡単にやりたい人

WordPressの機能のように使用できるので、カエレバと違ってサイトを切替ながら作る必要がないので楽です。

導入がめんどくさいのと、商品画像を簡単に表示させるには楽天からしか持ってこれないのです。ちょっと不便ですね。(Amazonからも持ってこれますが、Amazonアソシエイトの登録と商品を売った実績がないと、Amazonから画像が取ってこれません。)

でも、上のデメリットさえ何とかなれば、使いがってはイイと思います。

Rinkerの公式サイトはこちら

 

どっちがいいか

カエレバは簡単に導入できるものの、ブログのテーマなどでうまく表示できない場合もあるので、ぶっちゃけどちらでもいいと思います。

表示の見え方をカスタマイズしたいなら、カエレバの方がカスタマイズしやすいと思います。Googleなどで検索すると方法がRinkerよりはたくさん出てきます。

カスタマイズは自己責任ですので、行う場合は注意して下さい。

 

まとめ

いろんなWebサイト

 

基本的にASPサイトの登録は無料なので、冒頭でも書きましたがたくさんのASPサイトに登録しておくのがおすすめです。

サイトで収益を上げると「クローズドASP」と言って一般公開されていない広告が掲載できるようになるので、そうなったときの為にも各アフェリエイトサイトで売上げ実績を積んでおきましょう。

 

広告選びのポイント

報酬に結び付きやすい広告は前述で挙げましたが、報酬額・報酬率が高ければ高いほど競合が多いです。

とくにクレジットカードはヤバいです。個人が太刀打ちすることはかなり難しいみたいです。

有名ブロガーさん達が挑戦したことを語った記事やYouTubeとかを見ると「個人じゃ無理」とよく言っています。

 

競合が多いからと言って書かなければ報酬を狙える確率は0%のままなので、とにかく書いて別の記事から内部リンクでそっちに流しましょう。

この手法はブログを収益化する基本なのでメモっておくとイイと思います。

 

掲載したい広告の審査が通らないときは

自分のサイトで広告を掲載するときにはアフェリエイトサイト内で広告主と業務提携が必要になります。(「提携する」ボタンを押すだけ!)

そのときに審査がある場合があります。広告次第では審査が通らないこともザラにあります。

そんな時は、その広告と同じジャンルの関連記事を5~10記事ぐらいを書いて再び申請をしてみるとイイと思います。

 

最後に

ブログを収益化するには、まずは収益化記事(”キラーページ”とも言う)を作らないと収益0円のままなので、とりあえず書きましょう。

SEOとか「どうやって記事に誘導するか」などはあとで考えて、とにかく書きましょう。

 

あわせて読まれている記事

「物販記事ってテンプレートでもあったらラクなのに...」って思いませんか?ここでは、私の書いた物販記事を解説しながら構成をテンプレートとして公開します。 私は書いた物販記事はGoogle検索[…]

物販記事テンプレート
PR