異業種でも大丈夫!転職で未経験からシステムエンジニア(SE)になる方法

転職
考え人
今までプログラミングと関係ない仕事をしていたけど、未経験でシステムエンジニア(SE)になれるのかな…

 

結論から言うと、未経験でもシステムエンジニア(SE)にはなれます。

プログラミング未経験でIT業界に転職してくる人は意外と多いです。

 

この記事では「未経験だけどシステムエンジニアに転職したい」と言う人向けに、前半パート、後半パートに分けて解説します。

前半パートはシステムエンジニアの基礎知識、後半パートは未経験でシステムエンジニアになった人の前職の職業やおすすめの転職サイトを紹介します。

 

  • システムエンジニアとは
  • 年収
  • システムエンジニアへの世間の誤解
  • 地域ごとのシステムエンジニアの関わる業種
  • 未経験からシステムエンジニアになった人は前職は何?
  • 人事の人から聞いた面接での裏の選定基準
  • プログラミング未経験で面接で有利になる具体的な方法
  • システムエンジニアになれるおすすめの転職サイト
  • 大手企業に高確率で転職する裏技

 

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアとは

 

システムエンジニアになる上で、「そもそもシステムエンジニアって具体的に何?」というところを解説します。

システムエンジニア(SE)とはプログラマー(PG)の上位職です。

 

システムエンジニアが設計した設計書を元に、プログラマーがプログラミングするといった流れがザックリとした仕事の流れとなっています。

 

詳しくは、”わかりやすく解説!現役が語るシステムエンジニア(SE)とは?”で専門用語を極力使わずにわかりやすく解説しているので、そちらを見てもらうとより仕事内容が把握できると思います。

 

 

システムエンジニア(SE)の年収は?

 

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、次のような統計結果が出ています。

年齢年収
20~24歳352万円
25~29歳429万円
30~34歳451万円
35~39歳556万円
40~44歳625万円
45~49歳1025万円
50~54歳918万円
55~59歳370.7万円

 

私の場合は、25~29歳で年収500万円を超えていました。

そう言った場合もあるので、上の表に必ず当てはまることはないです。

 

私の肌感覚的には、上の表の年収+20万円はかたいと思います。

 

 

システムエンジニア(SE)への世間の誤解

 

私がシステムエンジニアになる前に持っていた勘違いと、なってから質問されたことは次の通りです。

 

  • 資格が必要
  • 理系の学校を卒業してないとなれない
  • 頭が良くないとなれない
  • 深夜残業とか休日出勤とかがヤバイ

 

資格が必要

「資格が必要なの?」と聞かれるますが、特別な資格は必要ありません。

私は以前、友人がから「システムエンジニア(SE)に転職したい」ということで相談を受けたことがありました。

どうやら「資格がないとなれない」と勘違いしていたようで、”ITパスポート”の資格をすでに取得していました。

資格は無駄ではありませんがシステムエンジニア(SE)に転職するにあたって必要ないです

 

関連記事

勘違いしている人が多いですが、システムエンジニア(SE)になるために資格の取得は必要ありません。 私は以前、「システムエンジニア(SE)ってなんか難しそうだし国家資格とかいるの?」って聞かれたことがあります。[…]

資格を取得する

 

 

理系の学校を卒業してないとなれない

文系の学校を卒業していてもなれます。

 

”以前の仕事”の箇所でも説明しましたが、関係ない職種とかプロのスポーツマンだった人までさまざまな経歴の人がいます。

そのことを考えると、理系である必要はありませんよね。

システムエンジニア(SE)は文系の出身者が少ないなんて都市伝説”の記事内でも語っていますが、システムエンジニアは文系の要素もあります。

 

頭が良くないとなれない

これは本当によく言われますが、頭の良さは全く関係ないです。

どんな仕事もそうですが、みんな最初は初心者ですよね。

向き・不向きはあるかもしれませんが、毎日8時間仕事していたらイヤでもできるようになります。

 

関連記事

「システムエンジニア(SE)に向いている人」で検索するとこんな感じの記事がいっぱいでてきます。  論理的思考能力 モノ作りが好き 勉強意欲がある 変化が好き こ[…]

システムに関わる人達

 

 

深夜残業とか休日出勤とかがヤバイ

この記事を書いている現在の私の状況は月の平均残業時間は10~15時間ぐらいです。(1日30分〜1時間ぐらい)

ほとんど残業してない月だってあります。

 

システムエンジニア(SE)の仕事が”きつい“のは昔の話”でどうして「きつい」という印象がついているのかを解説しているので、誤解の真相を知りたい方は読んでみてください。

 

 

地域ごとのシステムエンジニアの関わる業種

地域ごとのシステムエンジニアの関わる業種

 

システムエンジニアになったあとは、プログラミングやITの勉強もしながらアサインしている案件の業種の勉強もしていかないといけません

 

私の場合は、製造業系の案件にアサインすることが多かったので、製造業系の企業の知識やお金の流れはどは勉強しました。

 

関わる業種は地域によって偏りがあるんです。

プログラミング+αで強みがあれば転職にも有利ですよね。

 

例えば、経理のパッケージシステムを作っている企業の採用試験を受ける場合、「プログラミングの勉強しました」というエピソードと合わせて「簿記の資格持っています」と言えば、採用担当としては即戦力と思うはずです。

 

システムの仕組みは教育することは素人でもベテランでも同じですが、経理の仕組み自体はシステムとは関係ないことなので、別途教育する必要があります。

その手間がいらないのは会社側としても嬉しいし、簿記の知識がある人がいるとシステムの知見者とは別に会計や経理の知見者としてのポジションも確保できます

 

 

上で説明したようなこともありますし、これから転職を考えている地域ではどんな仕事に関わる可能性が高いかということも知っていると、不安は少しは和らぎます。

 

面接の時に話すネタにもなります。

 

東京・大阪・名古屋の業種比較!地域でシステムエンジニア(SE)の仕事内容が変わる”の記事に、東京・大阪・名古屋での主な業種をまとめてあるので、企業研究の参考にしてください。

 

 

プログラミング未経験からシステムエンジニア(SE)になった人達の以前の仕事とは?

プログラミング未経験からシステムエンジニア(SE)になった人達は以前はどんな仕事をしていた?

 

冒頭でも言いましたが、プログラミング未経験からシステムエンジニア(SE)に転職する人は多いです。

そういう人達は元々どういった仕事をしていたのかを私が出会った人を例にすると次のような感じです。

  • アパレルのショップ店員
  • 工場でのライン作業員
  • 飲食店
  • プロボクサー

 

 

上の一覧を見てもらえばわかるように、プログラミングとは全く関係ない職種です。

探せばもっといろんな職種だった人がいると思います。

 

プログラミング未経験者対象の人事の人から聞いた面接での裏の選定基準

プログラミング未経験者対象の人事の人から聞いた面接での裏の選定基準

 

人事の人から聞いた公表されていないリアルガチな裏の選定基準が存在する企業があるそうです。

 

募集要項に下のような記載はよく目にしますよね。

募集要項:未経験OK

 

ウソではないにせよグレーな表現をしているだけという場合があります。

 

以前、ある会社の採用担当の方とお話をする機会がありこんなことを言っていました。

未経験OKだけど、せめて情報系の大学は出ていることが絶対条件だな

企業にもよりますが、これがリアルな裏側です。とは言っても本当に未経験OKな企業もあります。

 

掘り下げて聞いてみたところ、情報系の大学を卒業していないにしても、IT系の資格(”ITパスポート”や”基本情報処理”など)や開発実績(独自で作ったツールなど)がないと厳しいとのことでした。

※一部の企業に限っての話です。全ての企業ではありません。

 

プログラミング未経験でも面接で有利になる具体的な方法

プログラミング未経験でも面接で有利になる具体的な方法

 

それは、実績を作ることです。

具体的に言うと、システムを開発するということです。

ぶっちゃけると、開発実績の方が資格を取得するより面接での印象がイイんです。

 

エンジニアはモノ作りなので「こんな資格取りました~」より「コレは私が作りました~」の方が戦力になると思われるからです。

※資格が無駄ということではありません。

 

(無料)開発実績の作り方

無料で開発実績を作る方法は、独学しかありません。

独学で勉強しながら、何でもいいのでシステムやアプリを作りましょう。

 

 

この記事を読んで下さっている人は「猛勉強しているよ~」と言う人もいるかもしれませんが、関連記事を2つ紹介しておきます。

 

 

 

(有料)開発実績の作り方

当然ですが、無料の方法より効率的です。次の方法があります。

  • オンラインプログラミングスクールを受講する
  • セミナーに参加する

有料となってしまいますが、効果的な方法と言えます。

 

※オンラインスクールは転職もサポートしているモノもあります。

 

 

開発実績もそうですが、セミナーやプログラミングスクールに参加したという実績もアピールできます。

つまり、本気度もアピールできるということ

 

 

システムエンジニア(SE)になれるおすすめの転職サイト

 

おすすめの転職サイト:リクナビNEXT

業界未経験

言わずと知れた転職サイト。有名サイトなので幅広いジャンルで掲載会社が数多くあるのでとりあえず登録だけしとくとイイと思います。スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届くので、探す手間もなくなる。

無料登録はこちら【リクナビNEXT】

 

おすすめの転職サイト:Tech Stars Agent

IT・WEB・ゲーム業界特化の転職サイト。差別化要素として、転職だけでなく独立もサポートしています。

無料登録はこちら【Tech Stars Agent】

 

おすすめの転職サイト:ネットビジョンアカデミー

ITインフラに強い転職サイト。未経験から正社員のITインフラ(ネットワーク)エンジニアとして就業できるように1ヶ月間のネットワークエンジニア養成研修が無料で受講できます。1ヶ月間の研修が無料で受けれて転職もサポートしてもらえて一石二鳥のサービスです。

無料カウンセリングはこちら【NVA】

 

おすすめの転職サイト:WORKPORT

IT/インターネット業界に強い転職サイト。サポート内容として書類の添削、面接対策、年収交渉、はもちろんのこと円満退職までもがサポート対象となっています。転職するためにはまず退職をしないといけないので、そのサポートまであるのは驚きですね。

無料転職相談サービスはこちら【WORKPORT】

 

おすすめの転職サイト:社内SE転職ナビ

社内SEに特化したエンジニア専門の転職サイト。SEは客先常駐や派遣と言った働き方があってそれがイヤな人もいます。「そもそもそんな会社で入りたくない」と言う人に特化したサイトですね。

無料登録はこちら【社内SE転職ナビ】

 

大手企業に高確率で転職する裏技

大手企業に高確率で転職する裏技

 

おすすめの転職サイトでも十分大手企業は狙えると思いますが、更に高確率で大手企業に転職する今だからできる裏技があります。

それは、紹介制度を利用することです。

 

今のIT企業は大体この制度を導入していることが多いので、その制度をうまく利用すれば高確率で大手企業に転職活動を成功させることができると思います。

 

紹介制度を利用するための具体的な内容を”【今だからできる】IT業界の大手企業に高確率で転職する裏技”の記事でまとめています。

「IT業界に知り合いがいない…」という人向けにも、IT業界の関係者と出会う方法も紹介していますので、人脈を広げたいひとは参考にどうぞ。

 

 

まとめ:エンジニアという職業が自分の性格に合っているかということも重要

エンジニアという職業が自分の性格に合っているかということも重要

 

冒頭にも言いましたが、プログラミング未経験でもエンジニアにはなれます。

でも、エンジニアになってから「自分には合っていなかった…」とならないためにも、一度プログラミングに触れておいた方がいいと思います。

 

ちなみにパソコンでこの記事を見てくださっているなら”F12キー”を押してみてください。

開発者ツールが開くと思います。英語やら数字やら記号やらがいっぱい書かれていると思います。

 

エンジニアはそういったモノを作っています。

実際にプログラムに触れることで、エンジニアという仕事は自分に合っているかを考えることも重要です。

 

 

人気記事 【実録】エンジニアの転職で年収UP!バレずに転職活動する方法